MENU

Information

インフォメーション

苔(コケ)の白カビ対策!2016.09.21 UPDATE

コケリストの皆さん、こんにちは。
コケクリエイター岡村です^^

綺麗にレイアウトしたコケリウム、美しいですよね。
イキイキとしたコケの美しい緑には本当に癒されます。


そんなコケリウムの美観を損ねる一番の大敵!!それは白カビです。
ふわふわとしていて、クモの巣のような見た目で綺麗なコケを覆ってしまいます。


取り除いても取り除いてもまた生えてしまう…。
どうすればよいのでしょうか?

【対策法】
まずは生やさないような環境にしておく事、これが重要です。
★カビが生えるのは風通しが悪く、水をあげすぎている事が大きな原因です。
なので…
①風通しの良い所におく。フタ等をしている場合は定期的に空気を入れ替える。
②水をあげすぎない。コケが浸かってしまうほどヒタヒタにしないようにしましょう。
この2点が大切です。

では、生えてしまった場合にはどうしましょう?

【生えてしまったら】
①容器からレイアウト資材(器や流木、石など)を全て取り出して洗い流し、直射日光にあてて乾燥させる。ソイルなどは新しい物に入れ替えをします。
②コケを取り出して約1週間乾燥させた後、しっかり水を与えます。次に濃度が低い消毒用アルコールを軽くコケにふりそそぐ程度に散布し、カビの胞子を撃退します。そして2、3時間してから再利用します。
※濃度が低い消毒用アルコールは100均などで販売されています。

この他にも方法があります。
①筆の先やピンセット等を使ってカビをすべて取り除きます。
②直射日光を1日20分位だけ当てて、様子を見ます。(直射日光の当てすぎには注意してください。)
※この時、土が湿っているとまたカビが生えてきます。

カビが生えた時は、その原因にもなった【風通しの悪さ】、【水分のあげすぎ】の逆の事をする…
「風通しの良い所で乾燥させる」
これに尽きるという事ですね。

みなさんもカビを上手く撃退して、楽しいコケライフをエンジョイしてくださいね!

一覧へもどる