MENU

Picture Book

コケの種類

カモジゴケ

  • 生息地山間部
  • 育成難易度やさしい
  • 湿気湿潤を好む
  • 光の当て方日向(一日4時間以上日が当たる場所)~半日陰(一日の内で数時間だけ日が当たるような場所、または木漏れ日がさす場所)

管理人コメントシッポゴケと良く似た種類です。
美しい緑色で他のコケには無いふわふわ感と柔らかさがレイアウトのアクセントになります。

茎は長さ2~10cm、多くの褐色の仮根をつける。葉は密で長さ7~10mm、やや広い基部から狭披針形に伸び、上部は細い溝状になり、乾くとしばしば同方向に鎌形に曲がる。葉身上半部の縁には明瞭な歯がある。

中肋は下部では歯の幅の1/6以下、上部では細くて葉先に届き、上部の背面にふつう2~4列の鋭歯のある低い薄板がある。葉身上部の細胞は長菱形~楕円形で角張らず、平滑、膜はやや厚く、くびれがある。翼細胞は大きくて褐色。雌雄異株。蒴(さく)柄は単生、赤褐色、長さ2~3㎝。

蒴は楕円形~短い円筒形で湾曲し、乾くと多少しわより、口環はない。腐植質の多い半日陰の地上に群生する。




出展:日本の野生植物 / 著者:岩月 善之助 平凡社 一覧へもどる