MENU

Picture Book

コケの種類

ホソウリゴケ

  • 生息地山間部の壁面、都市部のコンクリートやアスファルトの隙間等
  • 育成難易度ふつう
  • 湿気乾燥に強い、蒸れに弱い
  • 光の当て方日向(一日4時間以上日が当たる場所)

管理人コメントギンゴケと同様に都市部でもよく見かける馴染み深い種類。
暑さや蒸れに弱いので、夏場は涼しく風通しの良い場所に置いてあげましょう。
上手に育てるととても綺麗な深い緑色になります。

小形で、白緑色。茎は細くて、長さ5~10㎜。葉は覆瓦状につき、長さ0.5~1㎜、広卵形~ほぼ円形で深く凹み、先端は急に短く尖る。葉縁に舷はなく、全縁で平ら。中肋は葉先または直下で終わる。

葉の上半部の細胞は長菱形~長六角形で、葉緑体がなく、乾くと白く見え、やや厚壁、下方の葉身細胞は緑色で短い。雌雄異株。蒴柄は細くて長さ1~2㎝。蒴は小形で下垂し、卵形で長さ1.3~1.8㎜。岩上、地上やコンクリート上などに生える。







蒴が出ている様子↓

出展:日本の野生植物 / 著者:岩月 善之助 平凡社 一覧へもどる