MENU

Picture Book

コケの種類

ホソバオキナゴケ

  • 生息地山林部の日当たりの良い場所等
  • 育成難易度やさしい
  • 湿気表面が軽く湿るくらい(乾燥に強い)
  • 光の当て方半日陰(一日の内で数時間だけ日が当たるような場所、または木漏れ日がさす場所)

管理人コメント飼育のしやすさと敷き詰めるだけで簡単に芝生のようなレイアウトを作れる事から、入門者~上級者まで幅広く愛される人気種です。
湿ると緑色が濃くなり、乾燥すると白みを帯びます。
全体的に葉が密接して生えているのが特徴です。

茎は高さ2~3cmで中心束はなく、枝は少ない。葉にはあまり光沢がなく、乾いてもあまり縮れない。葉は長さ3~4㎜、基部は卵形でやや凹み、上部は披針形に伸びる。葉身部の緑は内曲し、葉先には微突起がある。

歯の基部の横断面でもっとも厚いところでは透明細胞が5~8層、中央部は2細胞層しかなく、この部でくびれたようにみえる。葉細胞は平滑で薄壁。蒴柄は赤褐色で頂生、長さ6~10㎜。蒴は傾き、乾くと縦じわができる。胞子は径13~16μm。山地の針葉樹の根元や腐植土上に塊をつくる。















蒴が出ている様子↓

出展:日本の野生植物 / 著者:岩月 善之助 平凡社 一覧へもどる